SCOPの活動予定・活動記録を主に書いていきます。


by senshu-scop

2/16 台東区議会一般質問レビュー

a0117967_2255361.jpg

(台東区役所)


・「区立台東病院」…地域医療について
(清水議員の質問より)

 台東区は病院数がそこそこあり、一般的な医療については充足しているものの、
高齢者の慢性期医療については必ずしも足りているとは言えないんだそうだ。そこで、
以前休止していた都立病院の機能を区が受け継いで病院を作ろうという動きの結果
生まれたのが区立台東病院である。この病院は高齢者医療を重視したものになっていて、
老人ホームとの連携も視野に入れている。台東区は地域の病院・診療所との連携を強め、
地域医療(台東区の中だけで一連の医療行為がすべてできる体制と筆者は解釈した)の
体制を整備していくのだそうだ。
(参考資料:新台頭病院等整備計画[台東区HP])


・社会保障の基礎を学校で教える。
(清水議員の質問より)

 「税はなぜ納めなくてはならないのか」「国民の権利と義務」「年金や保険制度の仕
組み」このようなことを小・中学校から教える取り組みを台東区は行っている。筆者は
以前自分の通学している大学のある神保町の駅ホームに(小・中どちらかは記憶が定か
ではないが)「税について」の作文の優秀賞が張り出されていたことを思い出した。あの
時はその文章のうまさと勉強したことの深さに驚いたものである。教科書丸覚えが推奨
されがちな勉強の世界において、人生において一生ついてまわる税や年金などについて
考えさせる機会を与えるということは子どもにとって無駄になることはないと考える。
中学生については公民で税について学ぶことがあるので本格的に現場で動いている人
(議会では社会労務士が挙げられていたが)に話を聞いてみるのもいいのではないか。
[PR]
by senshu-scop | 2009-02-18 22:56