SCOPの活動予定・活動記録を主に書いていきます。


by senshu-scop

遅ればせながら・・・春合宿報告其の一

平成21年3月11日~13日の三日間に及び合宿を行いました。

場所は参宮橋にあるオリンピックセンターで二泊三日で行いました。

宿泊参加者は乙幡、西山、福田、M谷さんの四名。

一日目参加者は福田(ま)、若杉、高田、H谷さん、S田さん。

二日目参加者は高田であります。


一日目、午後よりオリンピックセンター研修室にて、各自の発表をまず行いました。


1、乙幡・・・テーマ「国民国家概念の揺らぎ--国民概念の再既定」

なんともまぁ大風呂敷を広げたなぁと自分でも思っているところであります。


そもそもなぜ、「国民」概念を再既定しなければならないのか、という根本的な部分を全く詰めておらず、具体的にどの国民国家について言っているのか、「場」を限定しないで議論を進めるというなら、どのような概念を理想として提出するのか、そういった根本的な論点がすべて抜け落ちていたわけです。

それは、発表後の質疑応答、議論の場でも突かれました。

「いったいおまえは何が言いたいのか」という「信念」「思い」といわれるものをいかにして現実社会にリンクさせ、論を組み立てていくかが問われているにもかかわらず、それが出来ていませんでした・・・・ただただ自分の「思い」をむき出しにして発表を行ってしまったと思います。




2、西山・・・西山くんの発表はレジメを配らず、政治家の所信表明演説あるいは政策発表演説のような形式で行われました。

硬直化して、世界的な経済危機に対して迅速な対応ができなくなっている「企業」「労働者」「政府」間の閉塞状態を打破するにはどうしたらいいか、そのために西山くんは北欧モデルの「流動的な労働市場」と「政府によるセーフティーネット」を提案し、この北欧モデルをどのようにして日本に導入するか、を発表いたしました。

政治家の演説のように行ったわけでありますから当然、野次や質問が波のごとく押し寄せてきていました。

特に、W大雄弁会出身のM谷さんとS田さんのヤ野次と質問のすごさにはうならされました。

政治家というのは自分の「夢」を多くの国民に理解させて、「あいつの夢のためならおれはついて行くぞ」という国民をどれほど獲得するかに政治家としての力量があらわれるわけです。

そのためには多くの障壁を乗り越えていかなければなりません。あくまで政治家は国民の信託のもとでしか「力」を発揮することができないのです。

西山くんにとっては誰も骨のある反論をしてこない基礎文などよりは得るものは大きかったのではないかと思います。


あの怒号にも似た反論、質問の中でよく耐え抜いたものだと思います。また、政治家を志す者として大きな契機となったものと思います。


その後、夕食をはさんでH谷さんによる講演会を行いました。

「なんでもいいので講演会を」という形でお忙しい中お呼び立てしてしまった無礼は重ねてお詫び申し上げます。

H谷さんにはご専門の安全保障について講演していただきました。

まず、紛争とは何かというところから説き起こし、紛争を「場」に「主体」「争点」「手段」をかけて表す公式としての理解を披露されました。

そして、紛争の解決を「主体の排除」「争点の解消」「手段の抑制」と位置づけておられました。

その後に提出された、紛争解決の一つの方法として挙げられた「限定戦争放置論」ともいうべき論理には稚拙な観念論や現実だからといって簡単にあきらめる、そういったすべてをよせつけない実務者としての重みというべきものを感じました。

また、RMA(軍事革命)つまり非殺傷兵器の登場や、ミサイル等の精密誘導化、航空機等のステルス化はどのようなことを背景にして進んできているのかということをご説明いただきました。

そして、RMAを一言でいうならば、「戦争の倫理化」を背景とする軍事技術の改編であると位置づけておられました。
「誤爆」という考え方が、湾岸戦争以前にはそれほど問題になっていなかったことにいまされながら
ハッとさせられました。


最後に、これから軍事力の有用性というものはいかにして変化していくかという展望を示されて、講演会は終了いたしました。


一日目はこれにて終了いたしました。


なお、乙幡、及び西山、H谷さんの発表された詳細な内容がわからなくなっていることは意図したことであります。

発表された詳細な内容はバイトや飲み会、お仕事等で忙しいこの時期に、わざわざお時間をさいて参加していただいた方々にのみ共有されるべきものと考えています。

ですので、まったく閲覧自由のネット上にあげることは避けさせていただきます。ですが、参加しようにも参加できなかった方々のことも考慮に入れるべきと考えます。

よって、今回の合宿の詳細な発表内容及び講演会の詳細な内容を知りたいという方にはレジメ、メモ帳等のコピーを手渡すという形をとりたい思います。

よろしくお願いします。



今回のこのブログ上に掲載する内容はあくまで概観「レビュー」であります。
[PR]
by senshu-scop | 2009-03-24 17:55