SCOPの活動予定・活動記録を主に書いていきます。


by senshu-scop

2009年6月19日の勉強会レビュー

6月19日 16:45~18:15

▼概要
「苅谷剛彦・山口二郎『格差社会と教育改革』 」の読書会②(対談①)

参加者
尾花、田中、中橋、二瓶、福田(謙)

▼まとめ
【1】担当者
レポーター・コメンテーター→田中
・レポーター・コメンテーターはレジュメ持参


【2】議論の展開

テーマ1 公教育のあり方について

 ・教育に対しての社会的コンセンサス

  1)どこまでを「社会」とするのか。("公"の範囲)

   →とらえる側面によって"公"は変わってくる。
     
      ・教育基本法前文→"国"

      ・杉並師範館→"区市町村"

      ・コミュニティスクール→"地域"

      ・PISA→"世界"

      ・受験戦争→"個人(公ではなく、私)"

         →受験は本当に私的なものなのか?

          →日本社会を公的空間としたコンセンサス=学力(学歴)

             (教育と社会との相互依存関係→教育に価値をつけるのは社会)

  2)教育にどのような価値をつけるのか

      ・コンセンサスのダブルスタンダード

        ・公的なものと言いつつ実質的には私的なものにしている。


テーマ2 モンスターペアレンツ

 ・体罰="悪いことをした"という信号

  →信号というからには信じられるものでなくてはならない。

    →信じられない体罰があったとしたら?……それはただの暴力

  ⇒先生による"しつけ"がいつのまにか"暴力"にすり替わった。(コンセンサスの軋轢)

    →その過程に何があったのか。("雰囲気"を作り出すきっかけは何だったのか)


▼レビュー
 『格差社会と教育改革』についての読書会の2回目は著者達による対談についての議論。
90分もの間、参加者同士で活発な議論が行われた。内容はテーマ1についての議論で大半
の時間を使った。教育が公的なものか私的なものかを含め、教育の価値について今一度
価値観のコンセンサスを作り、それを学校の役割として規定することが必要なのではないか、
という意見もあった。次回はいよいよ新自由主義と教育についての対談である。
文責:福田謙一


本日の勉強会に関して、なにか不満・要望等があれば気軽に福田謙一までメッセージください。
[PR]
by senshu-scop | 2009-06-23 09:59