SCOPの活動予定・活動記録を主に書いていきます。


by senshu-scop

専修大学政治学研究会 09/07/21定例会報告

7月21日 12:30~14:00

【議題】
1.議事決定方法
2.夏合宿について

議長:尾花
書記:阿部、河野、二瓶
参加者:乙幡、福田(謙)、若杉、赤星、小山、田中、中橋、和田、岡部、小林、白石


【内容】
1.議事決定方法

・議長選出(立候補→信任)
・agendaの設定(前定例会時に設定)
・出席者による議論(妥協でななく調整)
・出席者の2/3以上の賛成により決定

※上記の手続きで決定しない場合で緊急、且つ重要だと思われる案件については特例として下記の手続きで決定する。

・執行部(代表、副代表、会計、生田リーダー)で会合。
・執行部による採決において過半数の賛成により決定。


以上を政研での基本的な定例会の進め方とする。また、以下にその他定例会に関する決定事項を載せておく。

・情報伝達について
→mixi、ブログ、紙媒体で周知。

・欠席者についての対応
→代理制の導入。
※尚、代理人になった者はあくまで依頼人(欠席者)の意思、及び意見表明についての代理権が認められるのみであり、代理投票までの権限は認められない。

・1年生(生田)との連絡担当について
→2年生選出の副代表が担当。
→田中君が担当に。

・メーリスの管理担当について
→会計が兼務。
→あっこちゃん(河野)が担当に。


2.夏合宿について
~発表は有志か参加者強制か~

▼強制(全員)
《メリット》
多人数がいる場での発表。
論理的な思考訓練になる。

《デメリット》
興味(前提知識)のない発表に対する参加者の負担。
前提知識がないので議論が活発化しない。

▼有志(希望者)
《メリット》
前提知識がある分、発表に対する理解が深まる。
強制に比べ議論が活発化する。

《デメリット》
発表してない人の役割が不明確。
大勢の前で発表する機会を失う。


▼折衷案

発表は有志。
発表者以外の者はコメンテーターを担当。
事前に発表するテーマについて調べる or 考えてくる。


以上。
第1回議長、尾花からの報告です。

次回、及び今後の定例会では

1.政研論文集について
2.部室について
3.夏合宿発表テーマ報告

について扱います。
いちお8月6、7に有志による夏合宿発表テーマ報告と各担当決め、前期お疲れ飲みを予定しております。
[PR]
by senshu-scop | 2009-07-30 23:49 | 定例会報告