SCOPの活動予定・活動記録を主に書いていきます。


by senshu-scop

2009年8月5日の勉強会レビュー

8月5日 10:45~13:00

▼概要
「ロック『市民政府論』 」の読書会③(~13章)

参加者
赤星、阿部、福田(謙)

▼まとめ
【1】担当者
8章→福田(謙)
9章→赤星
10~13章→阿部
・担当者はレジュメ持参

【2】議論の展開

テーマ1 政治社会の意思決定について

・ロックは単純多数決で意思決定をし、協同体の構成員はその決定に拘束されるとした。

→2つの疑問

   1)政治社会がある程度同質的な人々(教養のある、身分がある)で構成されていることが前提なのではないか。

        →"理性"のある人々(⇒7章)。"理性"は神から与えられたもの。

   2)単純多数決を取った場合、多数派の固定化が危惧されるが、ロックはそれに対する救済の途を開いているのか。

        ……多民族国家等を想定したとき、この疑問点は浮上する。

テーマ2 政治社会の下にいる人と、自然状態の下にいる人との関係について

・政治社会の構成員…紛争解決には政府が当たる→絶対的合理的な法により解決。

              ・政治社会は合意により作られるもの。

・自然状態で生きる人…紛争解決は各人で当たる→相対的合理的な自然法により報復。
               ・問題点…戦争状態の永続化、報復の恣意化

              ・自然状態は神によって作り出されたもの。

テーマ3 国家の定義について

・国家は、その構成員の一身と所有を守るためにその力を使うもの。


▼レビュー
 『市民政府論』第3回の勉強会は、これまで長らく述べられてきた定義の話を終えて国家そのものについての話へと移行するところを扱った。議論はそれほど盛り上がらなかったが、各人終盤に向けていい論点が出せていたと思う。
 尚、今回は16章まで扱う予定だったが、担当者が不在であったため、最終日に回すこととした。他のみんなも、風邪をひかぬよう体を大事にしてほしい。

文責:福田謙一


本日の勉強会に関して、なにか不満・要望等があれば気軽に福田謙一までメッセージください。
[PR]
by senshu-scop | 2009-08-09 07:53