SCOPの活動予定・活動記録を主に書いていきます。


by senshu-scop

2009年9月25日の勉強会レビュー

9月25日 16:30~18:00

▼概要
「岡崎晴輝・木村俊道『はじめて学ぶ政治学』」より
Ⅲ-2 J・S・ミル『代議制論』


参加者
赤星、中橋、二瓶、福田(謙)、和田

▼まとめ
【1】担当者
福田(謙)

・担当者はレジュメ持参

【2】議論の展開

テーマ1 功利主義の代議制論

・「社会全体の利益」とは何か→構成員の満足度? 公共問題の解決?

⇒ここでいう「社会」とは何か
    ↑
階級(ex.ブルジョワと労働者)ごとに「利益」は異なる。
「利益」の集計は難しいのではないか。
(議員=「利益の代表」の限界)
    ↑
ニーズが多様化し、それぞれが対立することもある時、
「利益」はどのように集計されるのか。


テーマ2 議員は、「有権者の代表」としての責任をどう果たすのか。

・委任説(地元の利益を優先)→地元の「苦痛の除去」と「快楽(利益)の獲得」

・独立説(自分の良心を優先)→国民が国益を享受できるよう努める。

                   →国益と国民の「利益」は同じか?
                    (ex.八ッ場ダム問題)
                         ↓
テーマ3 「有権者の代表」を選ぶための選挙

・議員とは、「利益」(ニーズ)をつかむ者←利益の多様化

→潜在化されたニーズ…「何を求めているか」が漠然としすぎている。

→"選挙の争点"は誰が作り出すのか。(政党? メディア?)

・マニフェスト(今回の衆院選)…公認候補の均一化

→候補者独自の政策はあるのか…少なくとも選挙時には顕在化はしていない。
                       (マニフェストの焼き直しが目立つ)

→有権者はどのレベルで候補者を判断しているのか。(人間? 政党?)
        ↓
テーマ4 選挙方式について

・小選挙区制…「○○党の××さん」→政党の窓口?

・個人ではなく、政党で判断をしているのなら→比例代表制


▼レビュー
 今夏行われた衆議院議員選挙で、民主党は大きく議席を伸ばし、政権与党に躍り出た。そこで、今回は衆院選の総括も兼ねての勉強会を行った。議論についてであるが、全員から意見を聞けず、特定者間での議論が目立ってしまったことが残念である。
 次回以降の勉強会についてだが、10月下旬から「江口克彦『地域主権型道州制』」を使って、道州制について扱う予定である。

文責:福田謙一

本日の勉強会に関して、なにか不満・要望等があれば気軽に福田謙一までメッセージください。
[PR]
by senshu-scop | 2009-10-18 01:12