SCOPの活動予定・活動記録を主に書いていきます。


by senshu-scop

<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2月20日 15:00~18:00

▼概要
日本の政治システムについて

▼使用文献
「飯尾潤『日本の統治構造』 」

▼参加者
乙幡、鈴木嗣、鈴木陽、二瓶、福田、和田

▼まとめ
【1】担当者
1章→鈴木陽
2章→二瓶
3章、4章→中橋
5章→鈴木嗣
6章→和田
7章→福田
・担当者はレジュメ持参。中橋は別途レジュメ提出した。

【2】議論の流れ

乙幡:日本政治の議院内閣制の運用について、憲法上の原則からの逸脱や民主政として奇妙な場面はあるのか。

テーマ1:官僚内閣制について
鈴木陽:鳩山内閣になって、政務三役会議が増え、官僚が意思決定に入れなくなったのはよくないと思う。

二瓶:政治家がいくら勉強しても、専門家としての官僚にはかなわない。政治家は官僚の言いなりになるべきではないが、専門知識を吸収する時間がない以上、官僚を抜きにして難しい問題にあたっていくのは難しいのではないか。政治家は官僚をうまくコントロールしていくのがいいのでは。

乙幡:政治家とは、国民の代弁者。国民に選ばれた存在。

福田:そして官僚は国民に選ばれた存在ではない。これは宮内庁長官の「30日ルール」についての会見についての小沢氏の発言の時にそういう話になった。

鈴木陽:官僚が意思決定に関わる余地がないのが「脱・官僚」の問題。

二瓶:官僚は国民・団体の利益を代弁しているから、官僚の意見も意思決定に反映すればいいという話?

乙幡:それはこれまでの話。以後は官僚が出てくる幕はない。官僚は責任を持つ主体ではない。「30日ルール」で問題になったのは宮内庁長官が、自分が政治的主体で、その発言が政治的発言になるという自覚がなかったこと。現にあの発言で中国外交に対して悪影響を及ぼしただけではなく、自民党に民主党攻撃の材料を与えた。責任を持つ主体は政治家であるべき。官僚は自分が日本国政府という組織の一員としての自覚がない。政治家は、国家権力の統制のためにいる。

福田:あの発言は政治家の発言に対して自発的に従わなくてはならない、という政官関係を理解していない。

乙幡:理解していないし、責任を感じてはいけない。官僚には責任を撮るための機構が備わっていない。だから、責任が伴うことをする主体ではないし、主体であってはいけない。そのように発展してきている。

福田:自民党時代はしっかりとした統制をしてこなかったために、官僚に好き勝手やられた。民主党では、少なくとも表面上では、統制をおこなおうとしている。

乙幡:少しくらい意思決定に時間がかかったからといって、マスコミは騒ぎすぎ。もう少し長い目で見てもいいのではないか。官僚の説明能力が衰えるというが、事業仕分けによって官僚は説明能力を磨かざるを得ない。国民は政治家と官僚は立場が違うということを分かり始めた。すべてはこれから。

・選挙制度について

鈴木嗣:小選挙区で落選した人が比例代表で復活することが多い。比例代表はやめたほうがいい。

和田:アメリカは一般の人でも共和党員、民主党員になっていて、帰属意識が強い。日本で政党政治を浸透させているためには、国民が政党の党員になって帰属意識を高めるのがいい。

乙幡:アメリカでの「党員」の概念は日本のそれとは違う。証がある人の他に、継続的支持者も含まれる。

福田:日本でも地盤という言葉に表されるように継続的支持者はいる。その意味で、「党員」は少なくはない。

和田:日本での二大政党は違いが分からない。

乙幡:あまり変わらないから二大政党制が可能な側面もある。

福田:では、何をして政権政党を選ぶのか。時代によって変化するニーズをうまく捉えた方が政権政党となる。その意味で、自分の持つ不満を満たすために、一つの政党を継続的に支持しない人が現れる。それを無党派層というのではないか。その一方で、要求に応える如何に関わらず、支持し続ける人もいる。

乙幡:無党派層には、どこの政党も支持していない、という人も、まだ決めかねているという人も含まれるのでは。


福田:主体性という意味では、支持政党に帰属したほうが、支持政党が政権を持ち、失敗した時の「選んだ責任」も感じるのではないか。

鈴木嗣:国民の政治に対する責任というのは、投票した時点で果たされている。

和田:比例での復活当選は民意ではない。

福田:その一方で、地方で支持されにくいが、政治家として登用したい人間がいた場合に比例が使える。その意味で、復活当選のみ禁止にして比例代表制はそのままでいいと思う。

福田:比例と小選挙区で支持する人の所属政党が違う場合、意思表示としては矛盾している気がする。

乙幡:投票行動を分析するのは難しい。小選挙区制は地域代表。比例代表は国民代表。


勉強会に参加された皆さん、お疲れさまでした。

本日の勉強会に関して、なにか不満・要望等があれば気軽に福田謙一までメッセージください。
[PR]
by senshu-scop | 2010-02-25 22:55 | 勉強会報告
12月14日 18:00~19:30

▼概要
「江口克彦『地域主権型道州制』 」の読書会②(~7章)

▼共催
駒沢大学政治学研究会、専修大学政治学研究会

▼参加者
(駒沢大学メンバー)江尻、大古、岸、楠浦、黒田、奈良、八木、山本、見学者2名
(専修大学メンバー)伊藤(ゲスト)、河野、福田

▼まとめ
【1】担当者
5章→山本
6章→八木
7章→江尻
・担当者はレジュメ持参


【2】議論の展開

テーマ1 地方分権の弊害(現時点のシステムの中での議論)

 ・権限を地方に持ってくるのはいいが、地方にそれを処理するだけの力はあるのか。

   →地方の事務が破たんすると、再び国が介入する口実になる。

  ⇔"やらされている感"が解消されれば(地方が自分からやろうと思ったことをやるようにすれば)いいのではないか。
    (地方に全国規模政策実施の選択権)

    ・人が回らないのであれば、人を増やせばいい。

     ⇔専門性のある仕事なのに、安易に人を増やしていいのか。
        +
      力の弱い自治体は人すら雇えない。

        ⇔国が援助すればいい。ただし、地方には責任と自助努力が求められる。


テーマ2 人的資本について(地域主権型道州制での議論)

 ・地方のポテンシャルを引き出す人

  →州知事や州議会にシンクタンクをつける。
   ……大学院卒の学生など、余っている人材はいる。


テーマ3 地域主権型道州制の条件

 ・「地域を発展させる要素は、愛着と誇り」(専大の地方自治論講義から)

  →何よりも、「"地域"からのボトムアップ」が重要なのではないか。


まとめ 地域主権型道州制についての意見

 八木→やってみてはどうか。

 楠浦→現状のままでいい。地域のニーズには地方行政が応えられるようにすればいい。

 江尻→ゆるやかに地域主権型道州制を導入。まずは地域が独自財源を作れるようにすることから始める。

 大古→国民のニーズが一番大事。国民が地域主権型道州制を求めるのであれば導入を検討する。

 山本→地域主権型道州制は導入するべき。その過程で財政的に弱い州には強い州が支援する。まずは政治システムの改革、人的資本の活用を。

 黒田→地域主権型道州制の描く未来は不確定要素が多すぎる印象があるし、日本においてどんな事態が起きても対応できるかという点で不安がある。現状のままでいい。

 奈良→地域主権型道州制は導入するが、調整しつつ展開すべきで、いきなりすべてを変えてはならない。

 岸→現状の枠組みのまま、地域のレベルによって分権の濃さを変える。

 河野→段階的に地域主権型道州制を導入する。

 福田→現状の道州制議論はともかく、日本全国を巻き込んでの議論になっていない以上、地域主権型道州制は導入すべきでない。ただし、ピジョンがあってそれを実行することを決めた地域に対しては、特区として地域主権型道州制のテストケースを実施してはどうか。

 伊藤→道州制の議論そのものに民意はあるのか。自分の町では合併時にもめたことがあった。道州制導入だってもめると思うので、現状のままでいい。


▼レビュー
 『地域主権型道州制』を終えた。今回は駒沢大学での開催であった。専修大学側からの参加者は直前に2人キャンセルが出たためゲスト含め3人。対する駒沢大学側は見学者を除くと8人と多く、さすが本拠地開催といったところ。どうやら駒沢大学政治学研究会は本格的勉強会開催が初めて(レジュメ作成も当然初めて)だったようだ。勉強会の雰囲気で初めての基礎ゼミの時を思い出した。しかし、その時と違うのは一度話出すと議論が途切れないこと。テーマは単発的だったが、90分静かな時間はほとんどなく終えることができた。駒沢大学政治学研究会とは、また合同でなにかしたいと思える、そんなひと時であった。ただ一つ悔やまれることは、前回(11/10)、今回と写真を撮り忘れたことだ。

文責:福田謙一

本日の勉強会に関して、なにか不満・要望等があれば気軽に福田謙一までメッセージください。
[PR]
by senshu-scop | 2010-02-25 22:50 | 勉強会報告