SCOPの活動予定・活動記録を主に書いていきます。


by senshu-scop
12月14日 18:00~19:30

▼概要
「江口克彦『地域主権型道州制』 」の読書会②(~7章)

▼共催
駒沢大学政治学研究会、専修大学政治学研究会

▼参加者
(駒沢大学メンバー)江尻、大古、岸、楠浦、黒田、奈良、八木、山本、見学者2名
(専修大学メンバー)伊藤(ゲスト)、河野、福田

▼まとめ
【1】担当者
5章→山本
6章→八木
7章→江尻
・担当者はレジュメ持参


【2】議論の展開

テーマ1 地方分権の弊害(現時点のシステムの中での議論)

 ・権限を地方に持ってくるのはいいが、地方にそれを処理するだけの力はあるのか。

   →地方の事務が破たんすると、再び国が介入する口実になる。

  ⇔"やらされている感"が解消されれば(地方が自分からやろうと思ったことをやるようにすれば)いいのではないか。
    (地方に全国規模政策実施の選択権)

    ・人が回らないのであれば、人を増やせばいい。

     ⇔専門性のある仕事なのに、安易に人を増やしていいのか。
        +
      力の弱い自治体は人すら雇えない。

        ⇔国が援助すればいい。ただし、地方には責任と自助努力が求められる。


テーマ2 人的資本について(地域主権型道州制での議論)

 ・地方のポテンシャルを引き出す人

  →州知事や州議会にシンクタンクをつける。
   ……大学院卒の学生など、余っている人材はいる。


テーマ3 地域主権型道州制の条件

 ・「地域を発展させる要素は、愛着と誇り」(専大の地方自治論講義から)

  →何よりも、「"地域"からのボトムアップ」が重要なのではないか。


まとめ 地域主権型道州制についての意見

 八木→やってみてはどうか。

 楠浦→現状のままでいい。地域のニーズには地方行政が応えられるようにすればいい。

 江尻→ゆるやかに地域主権型道州制を導入。まずは地域が独自財源を作れるようにすることから始める。

 大古→国民のニーズが一番大事。国民が地域主権型道州制を求めるのであれば導入を検討する。

 山本→地域主権型道州制は導入するべき。その過程で財政的に弱い州には強い州が支援する。まずは政治システムの改革、人的資本の活用を。

 黒田→地域主権型道州制の描く未来は不確定要素が多すぎる印象があるし、日本においてどんな事態が起きても対応できるかという点で不安がある。現状のままでいい。

 奈良→地域主権型道州制は導入するが、調整しつつ展開すべきで、いきなりすべてを変えてはならない。

 岸→現状の枠組みのまま、地域のレベルによって分権の濃さを変える。

 河野→段階的に地域主権型道州制を導入する。

 福田→現状の道州制議論はともかく、日本全国を巻き込んでの議論になっていない以上、地域主権型道州制は導入すべきでない。ただし、ピジョンがあってそれを実行することを決めた地域に対しては、特区として地域主権型道州制のテストケースを実施してはどうか。

 伊藤→道州制の議論そのものに民意はあるのか。自分の町では合併時にもめたことがあった。道州制導入だってもめると思うので、現状のままでいい。


▼レビュー
 『地域主権型道州制』を終えた。今回は駒沢大学での開催であった。専修大学側からの参加者は直前に2人キャンセルが出たためゲスト含め3人。対する駒沢大学側は見学者を除くと8人と多く、さすが本拠地開催といったところ。どうやら駒沢大学政治学研究会は本格的勉強会開催が初めて(レジュメ作成も当然初めて)だったようだ。勉強会の雰囲気で初めての基礎ゼミの時を思い出した。しかし、その時と違うのは一度話出すと議論が途切れないこと。テーマは単発的だったが、90分静かな時間はほとんどなく終えることができた。駒沢大学政治学研究会とは、また合同でなにかしたいと思える、そんなひと時であった。ただ一つ悔やまれることは、前回(11/10)、今回と写真を撮り忘れたことだ。

文責:福田謙一

本日の勉強会に関して、なにか不満・要望等があれば気軽に福田謙一までメッセージください。
[PR]
# by senshu-scop | 2010-02-25 22:50 | 勉強会報告

論文集について

ここのところアップが遅れて申し訳ありません。

専修大学政治学研究会SCOP 論文集について

 今年度、公認サークル化に向けて活動してまいりました(1月13日に書類提出しました。現在、学生生活課からの返答を待っている状況です)。そうした中で、これまで専修大学政治学研究会SCOP(以下SCOP)の中で、またそれぞれの学びの中で得たものを、論文集というカタチで残そうと思います。
 
専修大学政治学研究会SCOP 論文集 要綱
 <1>字数
字数制限なし。

 <2>全文
1、構成、
 はじめに→(部)>章>節→おわりに→参考文献→脚注
2、フォント・文体
  タイトル    16・MS明朝・太字・中央揃え
  筆者      14・MS明朝・太字・右揃え
  章       12・MS明朝・太字・左揃え
  本文      11・MS明朝
  参考文献    12・MS明朝・太字・左揃え
  参考文献覧   12・MS明朝
  脚注      11・MS明朝
3、数字に関して
  算用数字で統一。半角。

 <3>参考文献に関して
1、参考文献は本文から3行改行してから書き始めること。
2、順番は、以下のように書くこと。
  ロバート・ダール、『ポリアーキー』、三一書房、1981年

<4>脚注に関して
1、書き方は以下の通り
  小熊英二、『<民主>と<愛国>』、新曜社、2002年、七頁
2、注意
  前掲は使用しない。
  文末脚注、番号書式はローマ数字、番号の付け方は連続にすること。

<5>提出
1、提出の形態
  データファイルを以下のメールアドレスに提出する。
  kentarou1300@jcom.home.ne.jp
2、締め切り
  2010(平成22年)2月28日。締め切り厳守。
[PR]
# by senshu-scop | 2010-01-29 18:01
11月10日 18:00~19:50

▼概要
「江口克彦『地域主権型道州制』 」の読書会①(~4章)

▼共催
駒沢大学政治学研究会、専修大学政治学研究会

▼参加者
(駒沢大学メンバー)大古、楠浦、山本
(専修大学メンバー)河野、小山、田中、中橋、二瓶、福田、和田

▼まとめ
【1】担当者
序章→河野
1章→福田
2章→和田
3章→二瓶
4章→中橋
・担当者はレジュメ持参

【2】議論の展開

テーマ1 道州制を統合として見る

 ・(現状は広域自治体として議論しているが、)それ以上(擬似連邦制等)になった場合に、どこまで各州の自治を許すのか。


テーマ2 地域主権型道州制は、"日本を元気にする"のか?

 ・経済成長についての議論。東京だけを強くする場合と筆者の言う多拠点を個々に成長させる場合を比較する。

 ・東京拠点型⇒東京を強くし、地方はその恩恵にあずかる。

 ・多拠点型(地域主権型道州制)⇒地方に拠点を作り、その拠点を個々に強くする。

  ★多拠点型の場合、成長に時間がかかる。


テーマ3 地域主権型道州制で何が変わる?

 ・地方の人種問題(アイヌ、移民など)が顕在化

  ⇔国際都市としての強みに変えられる可能性もある。


テーマ4 地域主権型道州制のポイント

 ・筆者の書き方だと、東京は、地域主権型道州制導入後に地方が成長するまで支援する役割を迫られることになるのではないか。

 ・地方都市にハブとしての機能はあるのか。(相変わらず東京に人・モノ・カネを吸い取られるのではないか)

  ⇔大阪、福岡などもハブとしての可能性はある。(故郷を出るときに福岡にも行くし大阪にも行く)

 ★地域主権型道州制が成功するには

  ・地方に発展するためのポテンシャルがあること。

  ・それを引き出せるだけの人的資本があること。

  ・地方が独自に税システムを作れること。

  ・地方の政治ステム(議会機能等)が正常に機能していること。

  ・地方の一定成長達成まで支援できるだけの力が東京にあること。

  ・東京から支援された場合、地方が支援に甘んじないこと。

  ・東京が地方に支援する場合、東京州民がそれに理解を示すこと。

  以上のことがあげられる。これをすべて達成するのは難しいのではないか。


▼レビュー
 『地域主権型道州制』についての初めての勉強会であった。地方出身者が多く、自分の地元を想像しながら発言する者もいて、議論への参加も容易であったようだ。当初は90分を予定していたのだが、予定を延長して2時間近くも議論した。また、今回は駒沢大学政治学研究会との共催で行ったものでもあった。駒沢側からは山本会長をはじめとして、大古君、楠浦君が参加した。勉強会終了後に懇親会も行ったが、とてもいい雰囲気の中で終わることができたと思う。次回は駒沢大学で行う予定である。

文責:福田謙一

本日の勉強会に関して、なにか不満・要望等があれば気軽に福田謙一までメッセージください。
[PR]
# by senshu-scop | 2009-12-16 22:29 | 勉強会報告

定例会報告

遅くなって申し訳ありません。

①公認サークル係
政治学研究会の公認サークル化に向けてこの係りを設けます。仕事内容は政研の名簿、活動計画をまとめ顧問の印鑑をもらって提出というものです。
係→河野さん、和田君、小林君。

②論文集作成
字数は2000字以上、提出は来年2月末日までと致します。
前回の定例会にて田中が係をやるということになってますが、立候補していただけるならば、宜しくお願いします。

この件については皆さんの反応を見て、早急に確定いたします。

③資金管理について
これまでの活動の未返済分などについて口座を開設し、管理することになりました。この件については田中と二瓶君が担当します。

④政治学研究会の運営について
→分科会の設置。
理論系、国際系、行政系及び資格系の四つの分科会をもうける。各分科会ごとに勉強会を実施し、全体会にて各分科会ごとに発表。
 
この件についても皆さんの反応を見て、確定いたします。
[PR]
# by senshu-scop | 2009-12-12 01:42 | 定例会報告
①定例会報告
・お祝い→一人千円ずつ徴収し、5日の勉強会終了後新宿に買い物にいく。
※お金については今週中に一人千円ずつ、田中が責任を持って預かります。この日この時間というのを必ず指定してください。

・各種係について
→企画係は西山君、合宿係は二瓶君、論文係は田中。公認サークル係については後日、執行部より指名。

・忘年会or新年会は福田さんと二瓶君で企画。

・参加者が少なかったため8日昼休みに再度定例会開催。
議題は論文についての確認、忘年会or新年会の企画提案、公認サークル係の選出と日程確認。
※参加不可能な方で、発言がある方は代理を立てるようにしてください。

②5日の正午から15時の時間帯で西山君主催で勉強会開催。場所は神田校舎。内容は「日米外交 ーアフガニスタンという空間」。宜しくお願いします。


現段階での開催予定行事
・~5日→各人からお祝い(一人千円)を徴収。田中まで希望日時を返信下さい。
・5日→西山勉強会、お祝い買い物。
8日→昼休みに定例会。
・12日→「戦争を考えるシンポジウム」(出欠連絡を田中まで下さい)。
・14日→駒澤大政研との合同勉強会(於駒澤大学、18時~。終了後、懇親会あり。担当・福田さん)。
・近日中→グレゴリー・マンキュー著、『マンキュー入門経済学』勉強会あり。詳細は後日連絡。


私が連絡不行き届きなためみなさんにはご迷惑おかけしました。すみません。以後気をつけます。
ただ、レスポンスを求めたものに対する返答宜しくお願いします。

「戦争を考えるシンポジウム」(については一人でも多くの方の参加をお願いします。お誘い合わせの上、ご参加下さい。
[PR]
# by senshu-scop | 2009-12-04 00:28 | 定例会報告